HappyHappyRecyclingリサイクルショップ大阪

リサイクルショップで快適便利生活をおくる!

リサイクルショップは新品同様のものが売られていたり商品によっては高額で買い取ってもらえます。最近では特にブランド品なども、充実していることから人気があります。

天候に関係なく遊べる室内遊具

屋外の遊具は広いスペースを使った物が多いというのが利点だと思いますが、遊べるかどうかという事は天候に左右されやすいという点も考えられます。

この問題点をカバーしてくれるのが室内遊具です。ここ数年ではショッピングセンターなどに設置されている室内遊具は増えつつあるかと思います。

子供が一人でも遊具があれば長い時間遊ぶ事ができます。また、外が暗くなったとしても室内ですので、あまり関係ありません。限られたスペースであったとしても、汗をたくさん流す事ができます。

また、子供に対して遊具から離れない様に伝えておけば、場所をすぐに特定する事ができますので迷子になる事もないでしょう。

遊具を安全に使うには

子供を遊具で思い切り遊ばせたいけれど、怪我をさせたくないというのであれば、服装に注意してあげるといいでしょう。

遊具で遊ぶ際には、すぐに脱げるサイズの大きな靴やサンダルを避けてスニーカーにする、またマフラーや長い紐などが出ている場合には遊具や周囲の子供にひっかかる危険もあります。

取り外す様にしましょう。首に携帯電話や鍵などをかけるのも危険となる場合もあります。ちょっとした事ですが気を付けると、遊具を使用する際の安全性は高くなる事でしょう。

公園に出かけて遊具で遊ぶ時には、子供の服装についてチェックしてあげる様にしたいですね。そして、泥で汚れても問題なく、また動きやすい服装がいいかと思います。

鉄棒など遊具を活用した運動

公園には子どもから大人まで、役に立つ遊具がたくさんあります。例えば、アイデア次第で色々な筋トレを行うことができます。鉄棒、雲梯、滑り台、ブランコの支柱、ブランコ周囲にある鉄の柵、ベンチなどなんでも筋トレに使うことが可能です。

公園によっては大人用のつり輪や大人用の雲梯、腹筋台などが設置されているところもあります。特に、鉄棒は前回りや逆上がりなど、運動の基礎感覚を養うことに優れた遊具で、幼児期にこういった運動を多く経験することで、小学校低学年以降の運動能力に差が出て来るといわれています。このように公園にある遊具を活用することでも運動能力が高められていきます。そういった公園が近くにある方はぜひ利用してみてください。

こどもが砂場で使う遊具

衛生面が気になるという理由で砂場あまり使わないという人もいます。しかし、砂で色々なものを作ったり、泥だらけになったりして遊ぶのが好きな子もたくさんいます。もし、遊ぶことになったらどこで遊具を買えばいいのでしょうか。

こどもが使う遊具はおもちゃ屋さんや、大きいスーパー、デパートなどで購入することができます。近年では、ドラッグストアや100円均一などでも販売されています。購入する際は、セットで購入するのがいいと思います。

道具を組み合わせて遊ぶことで、できることの幅が広がるためです。例えばシャベルとバケツを一緒に買えば、バケツの中にシャベルを入れて持ち運ぶなど、まとめて管理できるのでオススメです。

公園のスプリング遊具について

公園や広場等に多く設置されているのが、スプリング遊具です。人が乗る事が出来るように作られた動物等の下に、大きなバネがついており、上の動物にまたがるとそのバネの反動で揺れる仕組みとなっています。体を動かす事によってもその揺れや動きを楽しむ事が出来ます。

比較的小さなスペースでも無理なく設置できるので、小さめの公園や、マンション内のちょっとした広場等にも多く設置されています。シンプルでありながら、小さな子供が楽しみやすい事で人気となっています。可愛い動物のスプリング遊具は、全国の様々な場所に設置されています。

身近な遊具のうんていで運動機能を高めよう

うんていとは長いはしごのことで、手でぶら下がりながら水平に移動する遊具の一つです。公園や学校などさまざまなところに設置してあります。筋肉や腕の力が必要になってくるので、ただ楽しむだけではなく、運動機能を向上させるためのトレーニングとして活用することが出来る遊具です。

筋力だけでなくバランス感覚も養うことが出来るのも特徴です。うんていのコツは、筋力をつけることはもちろんですが、身体の柔軟性を高めることも重要です。手を伸ばしたときに身体をひねるので、事前にストレッチをして身体を温めてから挑戦すると良いです。

遊具でマットの危険性

小さい子供が使う遊具はたくさんありますが、運動とかの際に使うマットには危険が隠れている事が多いので注意が必要になります。元々柔らかめに出来ていて、転んだ時も怪我をしないような色々な工夫がされており安全に感じますが、横についている持ち運び用の取っ手に気を使うようにしてください。

設置した時にその取っ手が出ている状態ですと、運動や遊びの時に誤って手を入れてしまい、そのまま動いてしまうと手や指の脱臼や骨折などの大怪我になる事があります。基本的な事ですがマットは四角い物ですので横にはみ出ている物が無いか確かめる事が重要です。楽しい遊具で泣き顔は見たくない物です。

公園施設の遊具での事故の危険を回避するために

小さな子どもがよく遊んでいる公園施設には、滑り台やジャングルジムブランコなどの遊具が多数設置されています。製造されている企業団体にとって、第一に考えなければならない問題が安全面です。

どのような物に対しても安全性が問われる現代において、公園施設の遊具で遊ぶ子どもが事故を起こすと命取りにも発展しかねません。様々な要素に潜んでいる危険を回避するためにも、安全に関する規定が決まり事として取り入れられており、また規定内容に具体化されている項目については、一般公開も行われています。より確かな安全性を把握しながら遊ばせたいものです。

公園施設での遊具の遊び方について

公園施設という所は大人よりも子供がメインで遊びに出掛ける所です。子供が遊具などで遊んでいる姿を見かけているという状況が多いかと思います。

そういった際に自分が見守っている間はいいですが、自分がみていられない時にどのようにして公園施設の遊具で遊んでいるのかが気になるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし同年代だけでなく、自分よりも年上の子や年下の子と一緒に遊ぶ機会というのはあまりありません。とても貴重な時間です。

大人が無理に入っていくよりも、子供同士で解決させた方がいい問題もあります。(勿論大人が出た方がいい場合もありますが)子供たちが成長していけるような見守り方ができるといいですね。

遊具情報に関する記事

リサイクルショップ、スクラバー、公園施設、遊具の情報以外についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、公園施設、遊具の情報の今後どんどん増やしていきます。