HappyHappyRecyclingリサイクルショップ大阪

リサイクルショップで快適便利生活をおくる!

リサイクルショップは新品同様のものが売られていたり商品によっては高額で買い取ってもらえます。最近では特にブランド品なども、充実していることから人気があります。

避難所指定されている公園施設

避難所の中には一時避難場所と呼ばれる場所もあります。

一時避難場所と言えば、何日も生活する様な避難所とは違って、電車などが動くまでの間など数時間から1日ほどの時間を過ごす様な場所の事を言います。この一時避難場所として、公園施設が指定されている事もあります。

自宅の近くや職場の近くで公園施設がある場合には、一時避難場所として指定されているかどうかという事を確認しましょう。

もし、避難するのが長期に渡りそうな場合には、学校や体育館など建物がある場所を指定される事もあります。いざ、という時にはすぐに必要になりますので、災害が起きたら自分はどこに行けばいいのかという事を把握しておきましょう。

公園施設の負担について

子供達が毎日遊ぶ場所と言えば公園ですが、公園施設は毎日使用することで、ある程度の負担がかかっています。思いもよらない故障や事故が起こらないように、公園施設は定期的にメンテナンスを必要とします。

小さな子供が遊んでいても安全であるように、専門の管理者や故障を調べる業者が、施設のチェックを行っているのです。公園をつくる以上、ある程度の施設の負担はしょうがないことです。しかし、重大な事故やトラブルに発展しないように、使う側もマナーを守って使用し、点検する側も見落としが無いように、お互いの協力が必要不可欠となるのです。

公園施設における遊具の現状について

公園施設の遊具は、どこに行ってもだいたい同じようなものが見られます。

ですが昔あった遊具も、リスクが高いという点から公園施設から消えてしまっているケースもあります。昔はよくあったもので、水上アスレッチックも最近では見かけなくなりました。

水上アスレチックは水の上でできるアスレチックのことを指します。昔ながらの木でできたものは、誰もが遊んだことのある馴染みのある遊具になります。最近では、過保護になりすぎていて、公園施設で遊べるものも限られてきてしまっています。しかしながら、そのようなリスクの上で、楽しむことも大切な方法と言えます。

全国各地に多数存在している公園施設における遊具

全国各地に多数存在している公園施設には、ジャングルジムや滑り台、ブランコなどの、あらゆる遊具が設置されており、小さな子どもでも自由に遊ぶことができます。しかし、子どもによる遊具使用は、思わぬ事故の発生にも繋がりかねません。製造されている会社などにとっては、何よりも安全面が優先されるべき課題にもなります。

安全性に関する規定は国で定められており、また具体化された項目が一般公開されています。より快適に、そして安全に楽しく公園施設に設置してある遊具で遊ぶことができるよう、細やかな部分にまで配慮されながら、子ども達の安全が守られています。

公園施設の遊具はリサイクルできるのか?

公園施設の遊具って知らない間に変わっていたりすることがありませんか?しばらく行かなかった公園などだと全く違うものになっていたということなどよくあるかと思います。

そういった際に昔使用していた公園施設の遊具がどこに運ばれて行くのか、ただ廃棄されてしまうのか気になったことがある人も多いのではないでしょうか?あまりにボロボロになってしまい、これ以上は安全性的に無理があるといったような物の場合には、廃棄されてしまいますが、ただの入れ替えで安全面も問題ないと判断された遊具については、今では専門の業者でリサイクルを取り扱っています。

公園施設の遊具の安全に対する基準

公園施設については国土交通省が管轄しており、その下に日本公園施設業協会というものがあります。こちらでは交通省によって定められている「都市公園における遊具の安全確保に関する指針」 に合わせた上で、「遊具の安全に関する規準」というものを設けています。

こちらの内容としては①安全領域について②開口寸法についてなどが記載されています。またこちらは1冊8000円程度で販売しており、専門家や、業者でなくても個人で購入することができます。万が一自分のお子さんが公園施設の遊具で怪我などをしてしまった時にはこういった規約類をまず読んで、自分たちが遊んでいたものがそれを満たしていたかどうかを確認します。

公園施設情報に関する記事

リサイクルショップ、スクラバー、公園施設、遊具の情報以外についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、公園施設、遊具の情報の今後どんどん増やしていきます。