HappyHappyRecyclingリサイクルショップ大阪

リサイクルショップで快適便利生活をおくる!

リサイクルショップは新品同様のものが売られていたり商品によっては高額で買い取ってもらえます。最近では特にブランド品なども、充実していることから人気があります。

公園施設の遊具

もし公園で遊んでいる時に公園施設の遊具が破損する様な事があれば、そのまま使い続けた子供は怪我をしてしまうという可能性も考えられますね。

そうならない様に、公園施設の遊具は定期的に点検が行われています。
もし、壊れていたりする場合には修理を行います。

特に昔の物であれば錆びなどがあり、そこから破損してしまうと言う事もあります。修理が行われるまでは遊具を使えない様にしている事が多いみたいですね。

細かい事かもしれませんが、点検を行っていないと危険が伴う事もありますので公園施設の遊具の点検を行う事はとても大事な事でしょう。

問題が起きているとすぐに発見する事ができます。子供達が安心して使える状態を常に維持したいですね。

だれもが遊べるユニバーサル遊具の設計

遊具は、子どもたちが楽しみながら体を動かすために欠かせないツールです。しかし公園などに設置されているものの多くは健常者向けであり、歩行が困難だったり筋力が少ない子どもが遊べるような道具は少ないのが現状です。これでは障がいを持った子どもたちの遊び方が限られてしまいます。

近年になって、だれもが遊べるユニバーサル遊具を設計する会社が増えてきました。たとえば、滑り台の幅を広げ、傾斜を緩やかにして車椅子でも安全に滑れるようにしたり、足を伸ばしたり体を固定できるようなブランコが作られています。公共施設内のバリアフリー化が進むに従って、遊具のバリアフリーも進むことが見込まれます。

小さな子どもが遊ぶ公園施設で気を付けたい遊具

公園施設に設置されている数多くの遊具は、小さな子どもも自由に遊べるような仕組みとなっています。

そのため、遊具の製造が行われている企業団体にとって、安全性への取り組みは何よりも重要となる事柄です。小さな子どもが高い所からの落下や、十分に広さが確保されていない空間での転倒などによる思わぬ事故に巻き込まれてしまわないように、安全な施設環境の整備が強く求められています。

国による規定も明確化されており、安全面を第一につくられた公園施設の遊具が楽しい場所となるよう、様々な工夫や配慮が行われており、さらに徹底されるよう心掛けられています。

公園施設や遊具における規定について

公園施設の中では、どのような遊びをしてもいいのでしょうか。そのようなことは決してなく、公園施設内においてもしっかりとしたルールがあります。

公園によっては、花火やバーベキュー、スケボーなど禁止されている公園もあります。公園施設はみんなが使用する公共の場所となりますので、公園内や遊具などを気持ちよく使用できるように設計されています。

公園の入り口などにある看板に規定が明記されていますので、読んでから公園施設を利用することをおすすめします。万が一わからない場合には、インターネットで検索したり、市役所に問い合わせをしてみることです。

公園施設の遊具の安全基準

公園施設にある設備については「遊具の安全に関する規準」に基づいて選ばれたり、製造されていたりします。これには安全領域と開口寸法が主に書かれているのですがこれらは一体どのようなことを指しているのでしょうか?

安全領域子供が万が一落ちてしまった場合に、怪我などをしないような高さであることを指します。また開口寸法は子供が挟まれたりしないように基準として定められているものです。例えば、胴体をすり抜けることができる公園施設の遊具に関しては顔まで、体全体がすりぬけできるようにしなければなりませんし、それができないのであれば胴体もすり抜けができないような作りにする必要があります。

遊具を伴う公園施設の安全性

住宅街などに数多く存在している公園施設にはブランコや鉄棒、滑り台、ジャングルジムなど、あらゆる遊具が設置されており、小さな子どもでも自由に遊ぶことができます。しかし、子どもが遊びに使用する中では、どうしても自分で危険性を感じることや、事故の発生を予測するなどは困難なものです。

しかし、保護者の方が目を離している間に、思わぬ転落や転倒による怪我や事故が起こってしまう可能性は否定できません。製造会社や管理会社によって、公園施設の遊具の安全面が徹底されており、重大な事故に繋がる危険性が排除されるような工夫がされています。

公園施設情報に関する記事

リサイクルショップ、スクラバー、公園施設、遊具の情報以外についてのお問い合わせはここ

リサイクルショップ、スクラバー、公園施設、遊具の情報の今後どんどん増やしていきます。